法律の疑問は林田学に聞け!

ちまたで販売をされてる健康食品や化粧品などの広告を拝見してみますと、確かに、具体的効能についての表現は書かれてないのに、それを見る者に理解をさせ、購買意欲を刺激、かなり巧妙とも言える広告が作られています。

 

だけど、プロフェッショナルのコピーライターだったらまだしも、そのような秀逸な広告を一般の人たちが作成するのは正直至難の業ではないかとおもいます。
この「薬事法ドットコム」ではそのような広告の悩みを解決してくれます。

 

広告表現のチェックをしてくれるサービスを薬事法ドットコムにおいては、提供していて、不適切な表現が無いか添削した上で、広告の素案を持ち込むことによって、更に訴求レベルのある表現を提案してくれるのです。
薬事法ドットコムへぜひ広告に悩みを抱えてるのでしたら、ご相談してみて下さい。

 

分かりやすい例を挙げてみますと、見こめる効能がある健康食品にあったとしましても、医薬品の部類にはそれは入りませんので、広告の中にその効能を標榜する事は禁じられています。

 

チェックは業界の全てを知り尽くしてるエキスパートたちがしてくれますから、すばらしい売上アップを望める広告が完成をします。

 

広告を出す事は健康食品とか化粧品などをとりあつかってる販売者にとりましては、大変難しい作業のひとつなのではないでしょうか?

 

その理由というのは、「薬事法」という法律が存在をしていて、広告表現がこの薬事法によって細かく規制されているからなのです。
薬事法ドットコムというサイトが今ネットの世界で話題になっています。